So-net無料ブログ作成

米加州工場の慰労金交渉妥結=トヨタと労組、閉鎖へ前進

 【ロサンゼルス時事】トヨタ自動車が4月1日に閉鎖を予定している米カリフォルニア州の自動車工場「NUMMI(ヌーミー)」の従業員約4500人が加入する全米自動車労組(UAW)支部は15日、退職時の慰労金などをめぐる交渉が妥結したと発表した。同支部によると閉鎖撤回を求めていたUAW本部も了承しており、閉鎖期日延期などの混乱も予想されたヌーミー問題は決着に向け大きく前進した。 UAW支部によると、17日の組合員投票で正式に承認される運び。関係者によると、先にトヨタが表明した2億5000万ドル(約225億円)の枠内で支給し、解雇後の医療保険補助なども含む。同支部には全従業員の大半が加入している。 

鳩山元総務相、同調者確保に本格着手=自民離党を与謝野氏に報告

 新党結成のために自民党に離党届を提出した鳩山邦夫元総務相は16日、同調者の確保に本格的に着手した。政党交付金の対象となる政党要件を満たしての旗揚げを目指し、4人の参加確約を得るのに全力を挙げる方針だ。 鳩山氏は同日午後、同様に新党結成を視野に入れる与謝野馨元財務相と衆院本会議場内で短時間会い、離党届を提出したことを報告。本会議散会後、記者団に「離党のあいさつだ」と述べた。同日中にも、与謝野氏に改めて会い、離党に踏み切った経緯などを説明し、連携の可能性を探る考えだ。 鳩山氏はこの後、都内の個人事務所で、自民党の河井克行衆院議員(比例代表中国ブロック)と会談した。河井氏は鳩山氏に近いとされており、同調を求めたとみられる。河井氏は会談後、自身の対応について記者団の質問に答え「いろんな可能性があるのではないか」と述べ、新党への参加に含みを持たせた。河井氏は、国対副委員長を辞任する意向を川崎二郎国対委員長に伝えている。鳩山氏も「彼とはいろんな話をしている」と述べた。 

スーツケースから出火、一時騒ぎに=ヘアアイロンが原因か−成田空港(時事通信)

 18日午後2時10分ごろ、成田空港第1旅客ターミナルビル北ウイング1階にある荷さばき場で、ベルトコンベヤー上のスーツケースから出火、近くにいた職員が消火器などで消し止めた。積み替え作業中に充電式ヘアアイロンのスイッチが入り、過熱したことが原因とみられるという。
 千葉県警成田国際空港署などによると、スーツケース(縦約70センチ、横約60センチ、奥行き約20センチ)は、米ダラスから成田空港経由でバンコクに向かう米国人女性のもので、ナイロン製。中を調べたところ、充電式ヘアアイロンのスイッチが入っており、本体の一部が溶けていた。スーツケースの側面にも長さ約20センチ、幅約1センチの穴が開いていた。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
18日も16便欠航=火山噴火の影響続く
米フェデックス機が部品脱落=最大130センチ、滑走路に
欧州便、欠航続く=火山灰で航空各社
欧州、17日も14便欠航=火山噴火の影響

消費増税を次期衆院選の争点に 仙谷戦略相(産経新聞)
宗教法人代表、無罪を主張=女性信者乱暴−水戸地裁支部(時事通信)
<通天閣ロボ>「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)
頭部も女性会社員=DNA型が一致−福岡県警(時事通信)
長野で一家3人不明、山林を遺棄容疑で捜索へ(読売新聞)

【ワイドショー通信簿】鳩山首相コンサート 席立ち始めた選挙民

スーパーモーニング<テレビウォッチ>きょう(3月16日)で、発足半年を迎えた鳩山政権の現状について感想を求められた田中秀征(細川内閣当時の総理特別補佐)のコメントが面白かった。田中秀征が分析???――のど自慢で言えば鐘1つ。これから鳴るんじゃなくて、鳴っちゃった感じ。歌っている方とすれば、これからコブシの効いたいい所があるから、もうちょっと聞いてくれ、という話だけど、観客は席を立ち始めている。これからやったってダメだろうと。非常に厳しいところだ――???田中は、鳩山首相とは「新党さきがけ」で同志だった。かつての同志のリーダーシップ不足を、オーケストラに例えて、こう語る。???――指揮棒を振るわない指揮者に見える。自分はどういう曲目を演奏してほしいかという明確なメッセージが出てこないから、観客席で聞いている人間もわからないし、演奏している人たちもわからない。何を演奏するんだ、という状態。深刻な問題だ――???スタジオ陣では、鳥越俊太郎、若一光司が、世論調査を引き合いに、国民の声に答えて、小沢幹事長が国会の場で「政治と金」に関して説明する必要があるとし、三反園訓は、普天間飛行場移設をどう処理するかが鳩山内閣の命運を決すると述べた。???他の出場者も力量不足で、のど自慢大会が盛り上がらないのが現状だ。 アレマ■J-CASTテレビウォッチとは?ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!新たにJ-CASTニュースショップがオープン!

下地氏から首相に琉球の書 普天間決断促す(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は5日、首相官邸で国民新党の下地幹郎国会対策委員長(衆院沖縄1区)と面会し、下地氏から琉球王朝時代の政治家、蔡温(さいおん)の琉歌と伝えられる書を贈られ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の5月決着に向け決断を促された。

 琉歌は「褒まれ誹られや(ほまれそしらりや) 世の中の習い(ゆぬなかぬなれー) 沙汰も無いぬ者の(さたんねーんむんぬ) 何役立ちゆが(ぬーぬやくにたちゅが)」。ほめられたり非難されたりは世の常で、世間の評判にもならない者が何の役に立つのか−との意味合いだ。

 首相は「良い書をありがとう。なんとか成功させたい」と応じたという。

【関連記事】
権限移譲に閣僚抵抗 看板倒れの政治主導
鳩山首相「厳しい状況でお互いがんばろう」
鳩山内閣支持33%に続落 不支持は初の過半数
普天間移設案「閣僚は合意」と岡田外相
普天間移設 決まりがなければ何でもあり…か?
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

中古部品で自動車修理 新品の修理と遜色なし(産経新聞)
急坂下る豪快な「木落し」=諏訪大社の御柱祭、最高潮に−長野(時事通信)
「いつか3人で宇宙旅行」=山崎さんから家族に初メール(時事通信)
「大きな一歩、きちんと審理を」=決定に笑顔−面会人らに奥西死刑囚・名古屋拘置所(時事通信)
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案(産経新聞)

[北朝鮮]特区に外貨上納指示 平壌の住宅建設資金足りず

 【北京・西岡省二】北朝鮮指導部が首都・平壌で進める「10万世帯住宅建設」の資金不足を補うため、特別市に格上げした経済特区・羅先(ラソン)市に年間6000万ユーロ(約73億5000万円)という高額の外貨を“上納”するよう指示したことが分かった。国連安保理制裁などで外貨が不足、最重要課題である市民生活の向上もままならない北朝鮮の困窮ぶりが改めて浮き彫りになった。 北朝鮮指導部に近い関係者が毎日新聞に明らかにした。 「10万世帯住宅建設」は金正日(キム・ジョンイル)総書記が提案した事業で、平壌の住宅難を解消するため、1950年代の戦後復旧時に建設された古いアパートを取り壊して高層アパートを新築する計画。昨年8月には平壌で市民8万人が参加した決起集会も開かれた。 計画通りの住宅建設には最低でも40億ドル(約3597億円)が必要とされるが、昨年のミサイル発射などを受けた安保理制裁決議により外資が途絶え、資金不足の状態という。 このため、事業を監督する金総書記義弟の張成沢(チャン・ソンテク)朝鮮労働党部長が中心となって昨年末、既に「経済貿易地帯」に指定されていた羅先を通じた資金調達策を検討。今年1月に羅先を特別市に指定し、それまで中央政府が統括していた経済貿易地帯の運営方針の決定権を地元に移す一方、年間6000万ユーロの調達を義務づける通達を出した。特別市長に相当する党責任書記には、党の資金調達機関「39号室」の副部長を務めた経済通の林景満(リム・ギョンマン)元貿易相を送り込んだ。 羅先では既に市内の羅津(ラジン)港をめぐる動きが出ている。中国吉林省延辺朝鮮族自治州の李竜熙州長は最近、中韓メディアに対し、北朝鮮が同省やロシアに一部ふ頭の使用権を認めるなど対外事業を活性化させていることを明らかにした。同関係者は「羅先は過去に貿易・観光で6000万ユーロ程度の収入があった都市だ。今後、貿易拠点としての機能を強化し、中露を中心とした外国企業との関係を強めて資金確保の役割を担うことになる」と指摘する。 北朝鮮当局は故金日成(キム・イルソン)国家主席の生誕100周年を迎える12年に「強盛大国の大門を開く」との目標を掲げ、10万世帯住宅建設は重要な事業の一つに位置付けられている。

立体加工もかわいい!「低燃費少女ハイジ」の限定Tシャツ&バッグが登場

写真拡大「テイネンピってなぁに?」のセリフでおなじみの「低燃費少女ハイジ」のオリジナルグッズが3月16日より登場! 一度見たら忘れられない“ヘンなハイジ”やクララ、ペーターやロッテンマイヤーさんなど、人気キャラクターが顔をそろえるスペシャルなTシャツ&バッグだ。【写真】“変顔”ハイジにキュン♪日産自動車「ノート」のCMとして放送中のCGアニメ「低燃費少女ハイジ」を描くのは、大ヒットしたアニメーション「The world of GOLDEN EGGS」の全編で企画・脚本・監督・アニメーションを手掛けた、注目のクリエイター・文原聡さん。名作アニメ「アルプスの少女ハイジ」をリメークし、味のあるタッチとユニークな表情でインパクト大のキャラクターを生み出した。今回発売されたグッズは、創刊20周年を迎えた東京ウォーカーとのコラボによって誕生した限定もの。なんといっても注目は、文原聡さんが書き下ろしたイラストだ。ハイジとヤギのユキちゃんがナイスなコンビっぷりを見せる「ハイジ&ユキちゃんTシャツ」や、ハイジとおんじが「テイネンPiPiPi〜♪」と行進する「オンジPiPiPi Tシャツ」、キャラ勢ぞろいの「TEINENPI PEOPLE Tシャツ」の3種類がそろう。 また、“ポコポコ”と立体的なプリント加工が施されているのも特徴。京都の和柄ブランド「むかしむかし」が特許を持つ製法で仕上げ、ポップでかわいいグッズが完成した。ちなみに、同時発売されたトートバッグ(各2730円)にも、Tシャツのデザインと同じものがプリントされ、こちらも立体特殊加工が施されている。大きめのサイズなので、普段使いだけでなくお買い物のサブバッグとしても便利だ。Tシャツとおそろいで“ハイジ尽くし”なコーディネートをするのもオススメだ!【東京ウォーカー】※購入はウォーカーストア(http://www.kadokawashop.com/products/list.php?category_id=502)から【関連記事】・ 一般誌の表紙に初登場!石川遼選手が“創刊20周年”「ウォーカー」各誌の顔に (東京ウォーカー(全国版))・ 「低燃費少女ハイジ」の文原聡デザイン“ヘンな顔のミッキー”が登場 (東京ウォーカー(全国版))・ ワンピースやドラゴンボールも!UTの新作コラボTシャツは日本のマンガ (東京ウォーカー(全国版))・ 世界初“歌舞伎”公認グッズは豪華衣装をあしらったデザインに注目 (東京ウォーカー(全国版))・ CMで話題沸騰!“ヘンなハイジ”の期間限定オリジナルショップに注目 (東京ウォーカー(全国版))

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。